松戸うがた動物病院 ホームへ
松戸うがた動物病院 ホームへ

こんなときどうする? What would you do at such time?

体にできもの・しこりがある

 スキンシップをしているとき、抱き上げたときなど不意に体にしこりが触れる、ぼこっと膨らんでいる、ということがあるかもしれません。
 そのようなとき、まず「腫瘍ではないだろうか」とお考えになる方も多いのではないでしょうか。

 まず腫瘍かそうでないかは、病院で細い針を刺し細胞を採取する検査(細胞診)を行わなければわかりません。この検査は非常に簡便で、痛みや負担も少なく、結果も短時間でわかります。

 この検査でわかることは、
 ① 腫瘍なのか、そうではない皮膚炎や炎症性疾患なのか
 ② 細胞診で診断できる腫瘍かどうか(リンパ腫、肥満細胞腫など)

細胞診:ねこちゃんの肥満細胞腫
(小さな顆粒を伴うことが特徴)

であり、強い炎症により腫瘍が隠されていたり、
細胞が採取されない場合もあり、
確実性に欠ける要素も含んでいます。
 もし仮に腫瘍であったとしても
 「良性か悪性か」は推測することしかできません。

 良性か悪性かを診断するには、細胞だけでなく、
より多くの組織を採取して外部の専門機関に
検査を依頼します。
これを「組織病理検査」といいます。

 組織病理検査の方法はさまざまで、部位によって方法が異なります。
 ① 局所麻酔で、病変部の一部のみを採取する。
 ② 全身麻酔で、病変部を大きく採取、場合によっては検査と同時に治療を行うことも可能。

この病理検査を行うことで高精度の診断を得ることができ、その後の治療計画が決定します。

 体のできもの・しこりに気づいたら、まず動物病院を受診することをお勧めいたします。
まずは負担の少ない検査を行い、腫瘍でなければお薬で治療できたり、経過観察をする場合もあります。
 腫瘍であったとしても、ご家族と時間をかけて相談し、適切な方法をご提案いたします。

腫瘍の治療方法は複数あり、最善の方法を組み合わせて治療していくことが一般的です。
① 外科手術による腫瘍の摘出
② 放射線照射治療
③ 抗がん剤
などが多く、腫瘍の性質・種類・悪性度などによって決定していきます。

■治療例:外科手術により摘出した乳腺腫瘍

手術前
(乳頭の周囲に広範囲に腫瘍があります)
手術後
病理検査にて「悪性乳腺腫瘍」と診断

 一般的には腫瘍疾患は高齢の動物に多く、最近の動物の高齢化に伴い、腫瘍疾患は確実に増えています。しかしながら、ごく稀ですが若い動物(5~6歳くらい)でも腫瘍になってしまう子もいるので、注意が必要です。

一覧に戻る

アニコム損害保険株式会社
ひがし東京夜間救急動物医療センター
VISAJCBMASTERUCNICOSAMEXDINERS
当医院では各種カードがご利用いただけます